スマホのセキュリティ対策をしよう

スマホは意外とセキュリティが低いと言われています。
特にアンドロイドはOSのオープン性・汎用性によってウィルスも作りやすく、情報の流出などの問題も起こりやすいと言われています。
また、常に持ち歩いているため、盗聴やクレジットカード番号の流出なども起こりかねないそうです。
最近ではLINEの内容が流出したために、窮地に追い込まれた芸能人もいますよね。

スマホは個人情報の宝庫です。
常に持ち歩いていますが、忘れ物や紛失だけじゃなく、盗難などによっても被害に遭うこともあります。
スマホのセキュリティ対策はあまりしていない方も多いかもしれませんが、スマホゲームをするとクレジットカードなどを使用することもありますので、かならずセキュリティ対策をしておきましょう。

紛失や盗難対策のために、暗証番号や指紋認証などを活用して、かならずロックしておきましょう。
誕生日などわかりやすい番号は、セキュリティが甘いので、違う番号にした方がよいです。
盗難・紛失用アプリをインストールしておいたり、PCからアカウントなどを停止しましょう。
非公式のサイト(ituneやgoogleplay以外)からのアプリはダウンロードしない。
キャリアで提示している無料WIFI環境以外でのWIFI接続はしない。
見ず知らずのメールは開かない。

他にもいろいろとセキュリティを高める方法がありますが、むやみやたらにアプリをダウンロードしないことも大切です。